インフラ株とは世界的に市場規模がとても大きく、経済成長を背景に高い成長が見込まれる関連銘柄です。とても注目され期待もされる銘柄なので株をはじめる方は知っていて損はありません。

靜甲が株式併合を行った場合株価はどうなるか

株式併合というのは文字通り複数の株を一つにまとめることであり、株式分割の対義語になります。
それでは、靜甲が2株を1株に株式併合を行った場合株価はどのようになるのかという、理論的には550円前後で推移している株であるため併合をすることによって株価も二倍の1100円近い価格になります。

ただし、これはあくまでも理論であり550円程度で購入をできるため今の株価が保たれている可能性があるので、下落をしてしまうリスクというのも当然あります。
逆に値動きが良くなることも期待できるので、それを考慮して買いがはいり1100円以上の株価になっていくということもありえるため、実際に併合をするとどうなるかというのはその状況になってみないとわかりませんが、多くの場合には併合した分の倍程度の株価で落ち着くことになります。

併合をする目的というのはいくつかありますが、最近多いのが単元数を変更するために価格調整をする目的で併合をされるというパターンでこの場合には単元数を変更した時にそれまでと同じ投資金額で株を購入できるように調整されていることが多いため、実質的な株の価値が変わるということはありません。
この場合には特に気にする必要がないのですが、見た目の株価が変わって慌ててしまうこともあるのでそのようなことがないように、株式併合に関する情報というのはしっかりとチェックをしておくようにしましょう。
株式分割というのは株価対策などでよく行われるものであるため、目にする機会も多いものですが株式併合の場合はやり方によっては株主の不利益につながることもあることから、頻繁に行われるわけではないのでこのようなこともあるということを理解しておくことが大切です。